染めについて | 東京-代官山【RUMHOLEberuf】原宿【beruf原宿】| Official web site

染めについて

2012/02/22

皆さんこんにちは!
RUMHOLE店長そしてオリジナルブランド “pimpstick” 染め師を務めさせていただいています西舘です☆
嬉し恥ずかしの記念すべき初投稿は私のライフワークである染めについて書いてみようと思います。
自分の色出しのイメージで影響を受ける対象は沢山あるのですが、中でもこれ抜きには語れない作品がこちら。

染めについて blog

William Eggleston の「Los Alamos」です。タイトル通りニューメキシコ州ロスアラモスで1960年代に撮られた写真集。光と影の捉え方、くすみがかった独特の色彩、当時のロスアラモスではどこにでもある日常の風景なんでしょうがエグルストンの手によって素晴らしい芸術作品となっています。
まだ見た事のない方は、お店に来てくれた時に言ってくれればいつでもお見せしますので気軽に声をかけて下さい♪
是非見てもらいたい写真集ですんで♬

見て頂いた後、私が染めた古着達の中にほんの少しでもエグルストンのイメージを感じ取っていただければ幸せです^^
そしてこれからも皆様のご期待にそえる様(あわよくばその斜め上を行ける様に 笑 )頑張りたいと思います!

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA