我が愛しのツナギ | 東京-代官山【RUMHOLEberuf】原宿【beruf原宿】| Official web site

我が愛しのツナギ

2012/04/17

皆さんこんにちは!西舘です☆
前回の初投稿からかなり時間があいてしまいましたが…頑張ります(^^;;

今回から自分が愛用しているツナギ達をエピソード付きで紹介していきますね♪

今から10年前、代官山は猿楽町のとあるマンションの一室でRUMHOLEは産声を上げました。当時はホントによくこんな場所で始めたよね~、って自分達でも不思議に思える位の寂しい場所でした(笑)

その当時にウチで初めて買ったツナギがコレです↓

我が愛しのツナギ
ダストバスターズ!
見ての通りゴーストバスターズのパロディです(^ ^)ピースしてるんで2のパクリっすね!ゴーストバスターズファンの自分はこのツナギを見た瞬間、身体の中を電流が流れ(流れ過ぎて)無意識の中で購入していたと思います。

「運命の出会い」ってヤツですか、あるんですよ…そんなのが。

当時の私達は貧乏でしたので(今でも裕福ではないですが)お店が終わった後にちょっとしたバイトをしてたんですね。中目黒の今はドコモショップがある場所にパチスロ屋がありまして、そこの掃除のバイトをしてました。
そこのバイトの制服が余りにもダサくて、そんなもん着れるか!ってレベルの代物だったんです。

そこで私はピーンと閃きました♪
ダストバスターズって元々掃除会社のツナギだしコレ着てやったらイイんじゃね?って。

自分の掃除に対する思いとカルチャーが一致した瞬間でした。

爽快でしたね、今思い返しても。

勿論、掃除中頭の中で流れてた音楽はゴーストバスターズのテーマです。
掃除会社の社長からは散々言われましたが信念を曲げなくて良かったと思います。

ちなみにその日稼いだバイト代は帰り道にある焼肉屋に全て注ぎ込んでいたので今思えば何であのバイトやってたんだろ?と青い感傷にひたれます。

貧乏だったけどあの時の思い出は俺の宝物なんです♬
このツナギはそんな当時の楽しい思い出を思い出させてくれるメモリアルな一着なんです(^ ^)

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA