ジョン・ルーリー その2 | 東京-代官山【RUMHOLEberuf】原宿【beruf原宿】| Official web site

ジョン・ルーリー その2

2012/07/07

僭越ながら
前回の続きです

その後ジョンはコム・デ・ギャルソンのショーにモデルとして参加したり

ジョン・ルーリー その2

(↑右から二番目です)

「フィッシング・ウィズ・ジョン」
という激ユルな映画を監修したりと

ジョン・ルーリー その2

ジョン・ルーリー その2

(デニス・ホッパー、トム・ウェイツやマット・ディロンなども出演!)
自由な活動をしていたのですが

突如彼を病魔が襲います
「ライム病」というマダニが原因で感染する病気にかかってしまい
サックスを10分と吹いていられない体になってしまったのです
当然バンド活動は断念
俳優活動も休止
それ以来メディアへの露出も極端に減り
彼の姿を見る機会はほとんどなくなってしまいました

ただそんな沈黙の期間
何もしていなかったわけではありません

表現手段を失った彼は絵筆を握っていたんです

中には落書きのようなラフなものもありますが
独特のシュールな世界観と
泥臭い色彩
絵の中に入る断片的な言葉もまた
様々なイメージを喚起させます

二年前に催されたジョン・ルーリー展には
会期中暇があれば通っていたほど
個人的にすごく好きだったんです

いくつかご紹介します

ジョン・ルーリー その2

“My Trip To The Country. Birds Fly Up.”

田舎への私の旅立ち。 鳥達は、飛び立つ。

ジョン・ルーリー その2

“There Is A Terrible Probrem.But No One Is Sure What It Is.”

深刻な問題だ。しかし誰もそれがわからないでいる。

ジョン・ルーリー その2

“You Are Here”

あなたはここにいる

ジョン・ルーリー その2

“For The Good Of Mankind.Everybody Sing.”

人類の幸のために、みんな歌おう!

なんとも言えない抽象的な絵ですよね
ついつい引き込まれる感じです

原宿店にはジョンの画集もあるので
洋服を見るついでにでも是非覗きに来て下さい♪

私的なオススメばかりになってしまいましたが
こんな魅力的なアーティスト
ジョン・ルーリー
少しでも気になった方は作品や音源などに是非触れてみて下さい
今までにない新たな気づきがあるかもしれませんよ

おまけ
ベルーフ原宿にスパンコールのあしらわれた
かなり妖しいusedのキャップがあるのですが

ジョン・ルーリー その2

ジョン・ルーリー その2

…被ってる!
どうやったらこんな自然に被れるんでしょうか(*_*)

我こそはという方は
是非挑戦しに来て下さいね☆

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA